奈良でイベント主催 レポート② 未来の奈良CAMPUS Vol.7 大和郡山市上田市長

奈良でイベント主催 レポート② 未来の奈良CAMPUS  Vol.7 大和郡山市上田市長

30日は「Le BENKEI」さんで大和郡山市上田市長をお招きして、未来の奈良CAMPUSでした。
上田市長の話の中から、奈良は「古代」に目を向けがちだが、「中世」に目を向けると奈良の中で一気に中心に大和郡山市が出てくると感じました。

中高で6年間大和郡山市にはお世話になりましたが、郡山城に行った記憶もなく、そういった目で考えたことがなかったです。
法隆寺と奈良の間に位置し、普通ではその需要を取り込む形を考えたりするのかなと思いきや、20年にわたる金魚すくい大会や、昭和工業団地など、異なった目で地の利を生かしたまちづくりを行ってきたのだなと思います。

特に「生き方、死に方、つまり文化の問題」というフレーズが頭に残っています。
文化という言葉もどうしてもモノにスポットが当たりがちですが、ヒトを中心に組み立てる、継承していかないと意味がない。
当たり前のことですが忘れがちなことだと思います。

そして「Le BENKEI」のオーナーの尾川さんの話はまた2030年会のイベントでセッティングしたいと思います!
それにしてもいつものことですが冷製スープが色んな味がしてホンマにヤバい…!

30日の詳しいレポートはhttp://www.nt2030.com/で!
unnamed

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)