奈良で食べられるから揚げ⑬ 日の出屋食堂 若鶏から揚げ定食

奈良で食べられるから揚げ⑬ 日の出屋食堂 若鶏から揚げ定食

奈良の老舗食堂のから揚げです!

ちょっとぶりの奈良で食べられるから揚げシリーズです。
今日ご紹介するのは近鉄奈良駅から徒歩約5分のところにある日の出屋食堂です!
場所の詳細は、近鉄奈良駅から小西さくら商店街を通り抜け、「Cafe de CRIE」もスルーして柴田駐車場の手前。
日の出や食堂外

お店の外観はこんな感じです。
奈良に住んでいる方なら、一度は見たことがあるのではと思います。
私の記憶がある状態ではもうこのお店は存在していました。
つまりもう30年以上やっているのでは??
日の出や食堂外メニューjpeg
ちなみに、お店の外のメニュー展示はこんな感じです。
歴史を感じますww
そして思っていたよりもメニュー数がある雰囲気です。

さっそくお店の中へ

この日はお腹が空きすぎていて、やばかったです。
そしてたまたま一緒にいてた人が入ってみてくださいというので、興味本位で入りました。
また、から揚げもメニューにあるっぽかったので、から揚げに対してグルメな私としては避けては通れないと本能的に思いました。

お店に入ると、愛想のいいおばちゃんが昔を感じる「ASAHI」って書かれたグラスに、冷たいお茶を入れて運んできてくれました!
メニューたくさんで一瞬迷いましたが、ここはやはりから揚げを。
日の出や食堂メニュー
注文してからは結構待ちました。
私が入ったときにお客さんは数組いらしていて、待ってる間も数組来られました。
20席くらいしかない店内はいつの間にかほぼ満席に。
そして10分ぐらい待った後についに来ました!!

特徴的な味、形。なんでなのか考えてみた。

運ばれてきたのはこちら!!
から揚げ定食
うん!定食のバランスとして美しいです。
適度な野菜、お味噌汁。漬物に少し多めのご飯。
テンションあがりました。

食べてみると。。。
まず野菜から。。。

「?!」

なんか薄い??
明らかになんかドレッシクング的なものはかかっているけど、ほぼかかってないに等しい・・・。
お味噌汁もなんとなく塩分控えめで。

肝心のから揚げですが、超珍しい特徴に気づきました。
なんと、厚みがあんまりないのです。
IMG_0439
まるで普通はから揚げは鶏肉をぶつ切りして調理しますが、
これは鶏肉をスライスして調理したような感じです。
鶏肉は鶏ムネ肉を使用しています。

また、味ですが、想像はしていたのですが、これまた薄い!!
レシピとしてはムネ肉を食べやすい形にスライス。
軽く塩コショウでした味付け。
最後にピカタのように薄めの衣卵多めの液に通して揚げているのではと。

周りを見て気づきました・・・

なんでこういうから揚げ、そして定食ができているのか不思議でした。
しかし、ふと周囲を見て気づきました。
私が店に入ってからもお客さんは数組入ってほぼ満席なのですが、すべてお年を召した方々でした。

いろんなおしゃれなカフェや、チェーン店はできてますが、この「日の出屋食堂」が長年この地で商売されていたのは理由があったのだととても感じました。
薄めの味のサラダ、塩分も薄めの味噌汁。
から揚げの肉が薄くスライスされていて、さらに味付けも薄め。
そうです、きっとご高齢の方に配慮して、優しい味付けや優しいレシピになっていたのです。

ご高齢の方が濃い味のドレッシング、肉肉したから揚げはきっと求めていないですからね。
ふとから揚げ定食が食べたくて店に入りましたが、とてもほっこりした気持ちになりました。

まとめ

ふと定食として見たときに物足りなさはあるかなと思います。
でも確実に言えることはこのお店は優しいお店です。
ジャンクフードに飽きた方、こゆい味に飽きた方、優しさに包まれたい方はおススメです!

衣     
鶏肉    
盛り付け   
提供状態   
オリジナリティー ⇒優しさです。

総評 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)